ヨドバシカメラでは、ビックカメラSuicaカードで最大11.5%還元も

【PR】

ビックカメラSuicaカード&ヨドバシカメラ

 

ヨドバシカメラ実店舗のお買い物で、最大10%還元とオトクなヨドバシカメラゴールドポイント。

ヨドバシ・ドット・コムとポイント共通化すれば、ネットショッピングでも活用できる便利なポイントサービスです。

以前このヨドバシカメラゴールドポイントをさらに高還元率で利用する方法として、ヨドバシゴールドポイントカードを利用する方法や、楽天Edy支払いにするというお得技をご紹介しました。

ヨドバシカメラで、書籍を10%超のポイント還元率で購入する方法

今回はさらに最大11.5%還元となる、手軽にできるお得技をご紹介します。

Suica支払いにするというお得技

JR東日本の電子マネーとしてお馴染みのSuica。
首都圏在住の方であれば、必ず一枚は持っているカードではないでしょうか。

このSuicaはJRの運賃のみならず、エキナカやコンビニ等での支払いに利用できます。

ヨドバシカメラ実店舗でもこのSuicaを利用して支払いをすることが可能です。
また、ヨドバシカメラゴールドポイントも現金払いと同等に最大10%貯まります。

このSuicaへのチャージを最大限活かして、さらなる還元率アップを狙いましょう。

Suica一体型のビックカメラSuicaカードで、最大11.5%の還元率

Suicaとクレジットカードが一体になったカードはいくつかありますが、やはりビックカメラSuicaカードが一番使い勝手が良いでしょう。

一体型なので無駄にカードの枚数が増えることもないですし、Suicaのチャージで1.5%相当のビューサンクスポイントが貯まります。

このビューサンクスポイントは、Suicaのチャージ残高に充当することができるため、せっかく貯めたポイントが無駄にならないのもメリットです。

整理すると、

  1. ビックカメラSuicaカードでSuicaにチャージ(1.5%)
  2. ヨドバシカメラ実店舗で、ビックカメラSuicaカードを提示して「Suicaでの支払い」と伝える(10%)
  3. 合計で11.5%還元

となります。

ビックカメラSuicaカードについては、こちらに詳細をまとめてありますのでご参考まで。

注意点~金額は2万円以内

このようにお得に使えるビックカメラSuicaカードですが、大きなデメリットもあります。

それはSuicaのチャージ上限額が2万円と設定されていること。

またSuicaの特性として、一度の会計で複数枚を使用することができない
(参考:買い物で、Suicaの残額が足りなかった場合は? | JR東日本:Q&A よくいただくお問い合わせ)。

ということは2万円超の家電などはSuica+現金払いとなり、あまりメリットが無くなってしまいますね。

したがって2万円超の買い物をする場合は、楽天Edyまたはヨドバシゴールドポイントカードでの支払いで還元率11%を目指しましょう。

楽天Edyのチャージ上限額は5万円に設定されているものの、楽天Edyの場合は複数枚での支払いも可能なので、高額商品であっても安心です。

まとめると、

  • ~2万円  ビックカメラSuicaカード
  • 2万円超~5万円  楽天Edy、またはヨドバシゴールドポイントカード
  • 5万円超  楽天Edyを複数枚、またはヨドバシゴールドポイントカード

と考えれば良いでしょう。

 

[PR]

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)