地域のママコミュニティを活用して楽しくママ友作り

スポンサーリンク

乳幼児ママの生活って案外孤独…
住む地域によっては、近所でママ友を作るのが難しいケースもあります。

そんな人にお勧めしたいのが、ネットの子育てサイトの「ママコミュニティ」。
知れば知るほど楽しめる「ママコミュニティ」の活用法をご紹介していきます。

意外と難しい!?ママ友作り

ママコミュニティを利用しよう

ママコミュニティを利用しよう

赤ちゃんが産まれて初めて気がつくこと。
「家で赤ちゃんのお世話をしていると、一日が、誰とも会話をしないで過ぎていってしまう!」

赤ちゃんが1歳になると、近所の公園に子連れで遊びに行く機会が増えます。
同じ公園に定期的に通っていると、少しずつママ友が増えていくもの。
しかし、0歳児の間は、定期的に同じ場所に通うことがないので、なかなか知り合いができないんですよね…。
また、近所に乳幼児が住んでいない場合は、子供が幼稚園に入園するまで、ひとりも友達ができない、というケースも珍しくありません。

ここでは、ママ友作りのちょっとしたコツについて、お話ししていきます!

近所でママ友を見つけるには

まず、0歳児のママが、近所でママ友を見つける方法について、お話ししていきます。

近所に児童館・こどもセンターはありませんか?
月に1回ほど、「赤ちゃんの身長・体重無料計測イベント」が行われている場合があります。
ここには、友達を作りたい0歳児ママが結構多く集まるんですよ。
同じ月齢の友達を見つけるのって難しいので、ここで積極的によそのママに話しかけてみてください。

また公民館などで、「赤ちゃんセミナー」が開催されている地域もあります。
参加できる赤ちゃんの月齢が限定されているので、ママ友が見つけやすいですよ。
保育士さんから、赤ちゃんが喜ぶ手遊びを教えてもらえるので、赤ちゃんも大喜び。
保育士さんに子育ての悩みを相談することもできます。

自分のペースでゆるくママ友とつながりたい人には「ママコミュニティ」

女性の中には、濃密な人間関係が苦手な人もいます。
近所でママ友を作って、うまくいっているときはいいけれど、もし仲違いしてしまったら、後が大変そう…。
そんな悩みを持つのが嫌な人にお勧めしたいのが「ママコミュニティ」。最近は、ネットの子育てサイトの「ママコミュニティ」で、上下関係のないさっぱりしたママ友関係を築く人が増えてきています。

地域の子育てサイト「ママコミュニティ」に会員登録すると、以下のようなことが楽しめます。

  • 「ママコミュニティ」が主催する「子育てサロン」に参加できる
  • 「ママコミュニティ」が主催するイベントに参加できる
  • フリーマガジンやメルマガが手元に届く
  • 幼稚園、習い事の教室の検索をしたり、体験レッスンの申し込みができる

「子育てサロン」は、会員同士の交流やママたちのストレス解消のために設けられたもの。
ひとりで参加する人が多いうえ、参加する人は積極的にママ友を作りたい人ばかりなので、ママ友作りには最適でしょう。

お勧めの「ママコミュニティ」~北海道・東京

ここでは、北海道、東京に拠点を置く、お勧めの「ママコミュニティ」を紹介していきます。

ママNavi (北海道・札幌・子育て・幼稚園・幼児・小学生・教育情報)

北海道札幌の子育て・育児・幼稚園・幼児教育情報 | ママナビ
札幌市在住のママなら、ママnavi

「教えて」ページが充実。
「子ども教育、遊び、生活、妊娠・出産、子育て、働く」の項目について、先輩ママがあなたの疑問に答えてくれます。

札幌市内・近郊地区のカフェ・レストランで「親子カフェ」を開催。
0~6歳児を保育スタッフが90分間預かってくれます。
ママ友と一緒に参加してもよし、ひとりで参加して読書を楽しんでもよし、というゆるく楽しめるイベントです。

 Himemama(東京ほか)

Himemama(ひめまま) | Himemamaはママとママサークル、ママ講師を応援して地域コミュニティの輪を広げています
東京を中心に活動している、ママコミュニティ応援サイトです

地域に根差した「Himemamaすくすくサロン」が好評。
ママ友作りに最適のサロンです。

1,000円以下という低価格でこどもに関する講座・ママに嬉しい美容・料理を学べる講座などを受講することもできます。

サロンは、東京都 (中央区・板橋区)、千葉県 (千葉市) で開催されます。

企業とのコラボが充実、イベントの内容の良さには定評があります。


 

いかがでしたか?
初めて「ママコミュニティ」を知ったという方、まずはお住まいの地域の「ママコミュニティ」を検索して、近くでどのようなイベントが開催されているか、自分の知りたい情報が載っているか、調べてみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました