専業主夫がグレーゾーン育児&副業を頑張るブログ【ぴ~えす】

うつ病持ちの専業主夫が、発達障害グレーゾーン児の育児と副業収入ゲットを頑張っています

食費・食べ物

妊娠希望の女性&妊婦さんに絶対必要な栄養素・葉酸

更新日:

【スポンサーリンク】

近年葉酸という言葉を度々耳にするようになりました。
2000年に厚生労働省が「妊娠可能な全ての女性に葉酸を摂取」することを呼びかけ始め、2002年には母子健康手帳にも葉酸に関する記述が記載されるようになりました。 何故、これから妊娠を望む女性や妊婦さんに「葉酸」が必要なのか、そもそも「葉酸」とは何なのか、など「妊婦さんと葉酸について」をまとめてご紹介いたします。

葉酸とは何?何故赤ちゃんに必要なのか

葉酸とはビタミンB群に含まれる水溶性のビタミンのことです。別名「造血ビタミン」とも言われる非常に大切な栄養素で、細胞分裂に必要不可欠なものです。
人間の一番成長すると言われる受胎から妊娠2~4週までが最も細胞分裂が盛んで、妊娠3か月までには脳や神経といった大切な器官が作られます。脳や神経を作る時に必要な栄養素がこの「葉酸」なのです。
妊婦さんが葉酸を摂取することによって、脊髄の癒合不全である「二分脊椎」や脳の発育が出来ない「無脳症」と言われる赤ちゃんの先天異常(「神経管閉鎖障害」と言います)が起きるリスクを低減させる効果があると言われています。
また、葉酸は悪性貧血や妊娠中毒症の改善にも効果があると言われており、妊婦さんの積極的な葉酸の摂取が呼びかけられるようになったのです。(参考記事:「妊婦さんに大切なビタミン、葉酸」 農林水産省 情報提供)

葉酸はどんな食べ物に含まれるの?

葉酸はその名の通り「葉物の野菜」に多く含まれる他、レバーや大豆、海藻や果実などにも含まれています。 例えば「ほうれん草、アスパラガス、豚、牛、鶏レバー、納豆、枝豆、いちご、わかめ」等に多く含まれていると言われています。
日本人の20~30代の非妊娠女性に必要な葉酸摂取量は240μgに対して、妊娠さんはその倍、480μgの葉酸を摂取することが望ましいと言われています。 しかしながら、現代女性の平均葉酸摂取量は230μg程度と言われています。
全て食品から摂取するのは中々難しい時には葉酸のサプリメントを利用するのもお勧めです。 最近は店頭にも妊婦さん用のビタミンや葉酸のサプリメントが販売されています。医師と相談の上、サプリメントを上手に利用するのもいいですね。

葉酸はいつからいつまで摂取すればいいの?注意点は?

「赤ちゃんが出来た、もしくは赤ちゃんが欲しいと思った時」から「赤ちゃんの脳や神経が出来る妊娠初期(妊娠3か月)」が最も積極的に摂取すべき期間ですが、その後はやめていいのかと言うとそうではありません。 妊娠中期以降も赤ちゃんの成長は続くので、妊娠中を通して積極摂取しましょう。また、母乳は血液から作られますから、別名「造血ビタミン」とも言われる葉酸は授乳中にも必須です。授乳時には340μgを摂取目標としましょう。
サプリメントで手軽に葉酸が摂取出来るからと言って、過剰摂取は止めましょう。1日の摂取量が1000μgを超えないようにして下さい。 妊娠中期に葉酸の過剰摂取を続けると、妊婦さん自身に発熱やじんましんが出たり、産まれた赤ちゃんがぜんそくやアレルギーになるリスクが報告されています。
サプリメントを摂る時は表示されている摂取量を守って摂りましょう。

大事な栄養素・葉酸を意識的に摂取しよう

何でもバランス良く食べて、妊婦さん自身の体に負担をかけずに、ストレスを溜めず、楽しく妊娠生活を送ることが赤ちゃんの成長に一番必要なことですが、「葉酸」を摂ってもっと元気な赤ちゃんが産まれてくれたらこんなに嬉しいことはありません。 これから妊娠希望の女性も今妊娠中のプレママも赤ちゃんとママのために大切な「葉酸」を意識して摂って下さいね。

【スポンサーリンク】

-食費・食べ物
-, ,

Copyright© 専業主夫がグレーゾーン育児&副業を頑張るブログ【ぴ~えす】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.