ひな人形はどう選ぶ?2016年ひな人形の相場や売れ筋はこれ

スポンサーリンク

 女の子が産まれるとその3月には初節句を迎えますね。ひな人形を飾り、健やかな成長を願ってお祝いをします。
こんな時、両親よりも祖父母がそわそわするというご家庭も多いのではないでしょうか? かわいい孫のために立派なひな人形を贈りたいという祖父母もいらっしゃいます。そして自宅に飾るのだから、家に合ったひな人形を選びたいという両親もいらっしゃいます。
今回は種類もお値段も多彩なひな人形の相場や売れ筋についてまとめました。
お店ですすめられるものを買ってしまう方も多いですが、ひな人形について事前に少し知っておくと役立ちますよ。ぜひ参考にして下さい。

ひな人形の種類

衣裳着ひな人形と木目込みひな人形

ひな人形は元々紙や草木で作られた身代わり人形が由来ですが、その技術は向上し徐々に豪華な飾り雛へと移ってきました。その作り方は大きく2つに分けられます。

衣裳着ひな人形は、人形と衣裳が別々に作られています。非常に豪華で美しいひな人形です。
その分大きくて広いスペースが必要となります。また人形の持ち道具(笏(しゃく)、太刀、檜扇(ひおうぎ)などなど)も1つずつ取り付けるので、飾るのに時間がかかります。

木目込みひな人形は、土台となる粘土や木に筋を入れ、衣裳となる生地を埋め込んで作るひな人形です。大変細かい部分まで技術の行き届いた職人技が魅力です。
作り方からして、複雑なものは少なく、シンプルでコンパクトなものが多いです。

立ち雛と座り雛

立ち雛は、立ち姿の男雛と女雛が1対だけのシンプルなタイプです。
元々は身代わり人形を川に流したことから始まったのがひな人形ですので、その姿は立った形のものがルーツとなっています。 初節句に立ち雛を贈ってはいけないという方もいますが、伝統を重んじるという意味であえて立ち雛を選ばれる方もいます。お好みで選んで大丈夫でしょう。
シンプルに2体のおひな様と屏風だけのものであれば6~7万円ほどでありますが、まるで二人がお話しをしているような姿のものや小道具がたくさんあり豪華なセットであれば10万円を超えるものもあります。

座り雛ができると、その種類も多彩になってきました。
江戸時代に増えてきたという座り雛は、現代でも非常に多いです。座った男雛と女雛1対のものを親王雛(しんのうびな)と言います。
人形が2体だけなので、その分衣裳や小道具などを豪華にしたものが多くなっています。小道具や屏風の種類などによって6万円ほどのものから20万円ほどのものまで価格帯も幅広いです。
住宅事情によってひな人形を飾るスペースを大きくとることができない家庭が増え、場所をとらず豪華さも持っている親王雛は大変人気が高いようです。
親王雛では物足りないという方は、スペースにより2段、3段、5段、7段飾りまであります。7段飾りともなると、和室を1室占領するようなイメージになります。 これほど大きく、人形や小道具の数も多いものであれば300万円を超えるものもあります。
小道具の紛失対策をしたり、飾ったり収納するスペースなどの確保も必要です。 飾る人形の数や持ち道具も多く、飾るのに大変時間がかかりますが、1年に一度のことなので思い切って購入される方もいます。

ケース飾りと収納飾り

ひな人形を飾るスペースや手間を省くため、最近ではケース飾りや収納飾りも人気です。

 

ケース飾りはケースの中にすでに飾られた状態で販売されています。人形や小物の紛失の心配がなくケースに守られていてお手入れも必要ありません。
コンパクトで手間いらずという点で人気が高いです。 お値段もシンプルなものであれば6万円ほどからあり、小さなケースでも5人飾りなどの豪華なものは18万円ほどするものもあります。
小スペースしか確保できないけれど豪華なものが欲しいという方にはちょうどよいですね。

 

収納飾りは、収納スペースが小さいという方におすすめのタイプです。
ひな人形を飾る台座が立派なものが多く、その台座の中にすべて収納することができます。スペースはないけれど飾る楽しさを忘れたくないという方に最適です。
収納飾りはひな人形を飾る台座にすべてを収納できます。ケースに囲まれた感じを好まない方に人気が高いです。
お値段はシンプルなものでも6万円以上、豪華な段飾りのものであれば小さくても30万円を超えるものがあります。

ひな人形の売れ筋と相場

ひな人形は、その予算内で収納スペースや飾るスペース・好みのお顔や好みの作家さんなどを選んで購入するわけです。お値段は安いものでは6万円を切るものから数百万円という大きな差がありますので相場というのはありません。
ひな人形は母方の祖父母が贈るものとされてきましたが、特にこだわることなく両家から贈られたり、好みのものを両親が購入したりする場合もあります。 予算としては20万円前後で選ばれる方が多いようです。住宅事情を考慮してコンパクトで豪華なものということで、ケース飾りや収納飾りの豪華なものが人気が高いようです。詳しくは下記の記事をご覧ください。

ひな人形はその種類もお値段も多彩ですが、ひな祭りは女の子の健やかな成長をお祝いする行事です。それぞれの家庭事情に合わせて心のこもったひな人形を用意できれば良いですね。
ひな人形選びを楽しんで、毎年ひな祭りが楽しみになるようにしたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました