専業主夫がグレーゾーン育児&副業を頑張るブログ【ぴ~えす】

うつ病持ちの専業主夫が、発達障害グレーゾーン児の育児と副業収入ゲットを頑張っています

お買い物

Amazon MasterCard ゴールドで、Amazonプライムを実質420円で利用する

更新日:

【スポンサーリンク】

Amazonプライムは、お急ぎ便や日時指定便が利用できる便利なサービスです。

Amazonで発行している「Amazon MasterCard ゴールド」に入会すると、そんなAmazonプライムが自動的に付帯されるほか、以下のような特典があります。

  • Amazonでの買い物で、常に2%還元(Amazonギフト券へ自動的に交換)
  • 通常のショッピングでも、1%の還元率
  • 入会時に3,000円分のポイントをプレゼント

しかしAmazon MasterCard ゴールドの年会費は税込み10,800円とやや高額なため、ちょっとためらってしまいますね。

そこでこの高額な年会費を、可能な限り減らすお得技を研究してみました。

Amazon MasterCard ゴールドの年会費を抑える二つの技

マイ・ペイすリボの登録で、半額の5,400円にする

Amazon MasterCard ゴールドは三井住友系のカードなので、マイ・ペイすリボに対応しています。

マイ・ペイすリボの設定をすると、10,800円の年会費が半額の5,400円まで下げられますので、ぜひ登録しておきたいところ。

しかしマイ・ペイすリボはいわゆるリボ払いですから、余計な金利負担が増えるのではないかと心配になりますね。

リボ払いのリスク回避のために、マイ・ペイすリボの上限を引き上げることで、リボ払いを実質的に無効にしましょう。

設定は三井住友カードのサイトで行えます( Vpass(ブイパス)について:クレジットカードの三井住友VISAカード)。

マイ・ペイすリボ 上限額

以上のように、マイ・ペイすリボのお支払いコースを元金定額コースにし、設定金額ををショッピング支払額の上限額にしてしまいましょう。

これで実質的にリボ払いになることはなく、おトクな年会費を実現できます。

Web明細サービスで、さらに4,320円に

最近のクレジットカードは月々の支払い明細書を紙で郵送するのではなく、メールやWebで閲覧できるようにしています。
そちらの方がコストもかかりませんし、顧客のプライバシー保護にもつながります。

Amazon MasterCard ゴールドでもWeb明細書サービスに登録でき、さらに年会費から1,080円の割引を受けられるので、迷わずに登録してしまいましょう。

まとめ~プライム会費の3,900円を考慮すれば...

以上で年会費は4,320円まで下がりました。

通常のAmazonプライム年会費は3,900円ですから、実質420円余計に支払っていることになります。

しかし2%のポイント還元率を考えると、Amazonで21,000円の買い物をすれば元をとれてしまう計算になります。

またカードの年会費4,320円の元を取るにはと考えてみれば、年間216,000円の買い物をすれば良いですね。

表にまとめると以下のとおり。

負担額 還元率 元を取るための年間購入額
420円 2% 21,000円
4,320円 216,000円

Amazonで書籍のみならず家電や食品を購入しているヘビーユーザーであれば、十分に元の取れるのではないでしょうか?

【スポンサーリンク】

-お買い物
-, , , ,

Copyright© 専業主夫がグレーゾーン育児&副業を頑張るブログ【ぴ~えす】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.