専業主夫がグレーゾーン育児&副業を頑張るブログ【ぴ~えす】

うつ病持ちの専業主夫が、発達障害グレーゾーン児の育児と副業収入ゲットを頑張っています

マスクの在庫状況

https://parenting-saving.info

お買い物

【随時更新】マスクの在庫状況一覧|Amazon&楽天市場

更新日:

「マスクがない!」
こうお嘆きのあなたのために、最新のマスク在庫状況をリスト化しています。
新型肺炎ウイルスだけでなく、花粉やインフルエンザも流行しています。
マスクを使って予防に努めましょう。

Amazon




[show_file file="mask_contents.html"]

新型肺炎ウイルスって何?

新型肺炎ウイルスとは何なのでしょう。
新型コロナウイルスについて考えていきたいです。


新型肺炎ウイルスは潜伏期間でも他人に移ることがあると発表されています。その潜伏期間は今のところ10日間くらいとされています。ですので、正直な話をしてしまうと、ずっと新型肺炎ウイルスにかからないでいることは難しいと思います。中国の武漢というところで最初にウイルスが見つかったのですが、未知のウイルスということもあって、対応が遅れました。そのせいで世界中で新型肺炎ウイルスは猛威をふるっているのです。新型肺炎ウイルスにかかった人の統計も行われていますが、それ以上の人達が新型肺炎ウイルスにかかっていると思います。重症な人を優先的に見ているからそうなるのでしょう。しかし、致死率がそれほど高くないという見方もあります。マスクをすれば感染を防げるという意見もありますが、有名なお医者さん達はマスクは感染している人がすれば、感染を少なくできるが、感染していない人がしても意味がないと言います。しかし、今の現状をみると、マスクなしで外出はしづらい状況になっています。マスクが売れに売れて、メルカリに大量に高い値段で売られていることが問題になっています。夏になれば、ウイルスも収まるという話も聞きますが、どうなるかはわかりません。タイで新型肺炎ウイルスの重症患者に効く薬も見つかったという話も出ていますが、全ての人にそれが有効かどうかはわかりません。では、現在できる対策は何なのでしょう。それは、不要な外出をしないこと、人の集まる場所に行かないこと、マスクをすることでしょう。実際これくらいしか出来ないのです。新型肺炎ウイルスはかかるのも嫌ですが、うつすのはもっと嫌です。人が集まる場所に行く時は、自分の体調を判断して少しでも病気なら、行かない選択を勇気をもってやって欲しいです。みんなが、うつすのは良くないことだという風潮になれば、感染が広がるのを遅らせることが出来るはずです。
(参考:新型コロナウイルス(2019-nCoV)関連情報ページ

マスク以外にできるウイルス対策とは?

新型肺炎ウイルスの予防はマスクだけではなく、出来ることが3つあります。

外出を避け、保菌者に近づかない

1つ目はむやみに新型肺炎ウイルスにかかっている人や動物に近づかないことです。新型肺炎ウイルスでも他の菌に関しても通常近づくと感染します。普通の風邪なら鼻水や咳だけで終わりますが、新型肺炎ウイルスだと症状が重くなります。どうすれば近づかないようにすることが出来るかというと、むやみに外にで出歩かないことです。新型肺炎ウイルスのことが話題になっているのに感染が多い地域に旅行に行ったりするのはよくありません。また旅行に行ったときに感染すると自宅に戻ってきたとき他の人に感染させる恐れもあります。

手洗い・うがいをする

2つ目の対策としては、手洗いとうがいをすることです。手洗いはきれいならしなくてもいいのではなく、外から帰っても汚れていなくても手を洗います。目には見えない菌も存在しています。手洗いはこうした付着物を取り除いてくれます。手だけではなくうがいも大事です。誰かから咳やくしゃみのツバがかかったときはすぐうがいをするのがいいです。手と同じように見えない付着物がある可能性もあり、少し出かけただけでもうがいをするように心がけます。

ワクチン接種

3つ目は今はありませんが、今後出ると予想するワクチンを打つことです。ワクチンが出るまでや開発されるまでには時間がかかります。今出来ることは免疫力を上げるのが大切です。特に新型肺炎ウイルスは患者が元気な人ではなく元々何か症状があったり病院に通院しているなど持病がある人から症状が出る傾向にあります。免疫力が弱まっていると新型肺炎ウイルスを治す力がなくなり、どうしようもなくなることがあります。

マスクがなくても、できることはある

特に3つの中でもむやみに出かけないこととうがいは大切です。うがいは口の中に入りかけたウイルスを取り除いてくれる役割があります。まだ新型肺炎ウイルスが自分にはかかっていなければうがいで解決出来る場合もあります。マスク以外でも1つ1つ感染しないような対策を取るようにします。

一般的な衛生対策として、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に、咳エチケットや手洗い、うがい、アルコール消毒など行っていただくようお願いします。
また、武漢市から帰国・入国される方あるいはこれらの方と接触された方におかれましては、咳や発熱等の症状がある場合には、マスクを着用するなどし、事前に保健所へ連絡したうえで、受診していただきますよう、御協力をお願いします。
また、医療機関の受診にあっては、武漢市の滞在歴があることまたは武漢市に滞在歴がある方と接触したことを事前に申し出てください。

引用元:新型コロナウイルスに関するQ&A|厚生労働省

マスクが在庫不足なのはどうして?

新型コロナウイルスの流行

新型コロナウイルスの流行

-Statement on the second meeting of the International Health Regulations (2005) Emergency Committee regarding the outbreak of novel coronavirus (2019-nCoV)より引用-

まず最初に気をつけた方が良いと思うのですが、「肺炎ウイルス」なるものは世の中に存在しません。 世界中に数知れず存在するウイルスの中には生物学上「コロナウイルス科」に分類されるものがあるのですが、このうちある種のウイルスが風邪や、過去に猛威をふるったSARS(重症急性呼吸器症候群)、MARS(中東呼吸器症候群)を引き起こすのです。 今回武漢に端を発し世界各地に影響を広げつつある病原体の正体は2019-nCoVと名付けられた新型のコロナウイルスで、高齢者など体力・免疫力の低下した人が感染・発症すると肺炎で死亡することがある、というのが妥当な表現かと思います。 その上でマスク品薄の原因ですが、結論から言うと新型コロナウイルスの流行が引き金になって需要が急増し、中国への支援を目的とした購入や値上がりを当て込んだ買占めが品不足を助長して現状に至ったのだと考えられます。 今後の動向は感染の拡大スピードと収束までの時間によって大きく左右されるため予測のしようがありませんが、国内のマスクメーカーが増産体制に入っている事からして一般消費者がパニックを起こす必要はないでしょう。 そもそもマスクにウイルスをブロックする機能などないわけで、その効能は 1)他人の咳・くしゃみから自分を守る 2)自分の咳・くしゃみから他人を守る 3)呼吸器周りの保湿 に限られます。 よく考えれば通常冬季の風邪・インフルエンザ以上に予防を強化しなければいけない理由はなく、したがって普段以上にマスクを消費しなければならない理由もまたありません。 強いて言うなら新型ウイルスであるためまだワクチンが開発されておらず、感染・発症すると治療に手間や時間がかかると考えられるので、普段より念入りに風邪の予防策をとりましょう、という事だと思います。 そしてそのために有効な手段はまず手洗い、次にうがい、そして十分な食事と睡眠であって、間違ってもマスクを多く用意することではないと言えるでしょう。

コロナウイルスの恐怖!マスクには予防効果はあるの?

中国の武漢市で昨年の12月に発生して以来、新型コロナウイルスの感染は中国国内を中心に急激に拡大しています。そのため今や中国国内だけでなく、日本を含めた世界中の国での感染拡大が懸念される事態となっているのです。お陰で今や中国では深刻なマスク不足に陥っているだけでなく、日本国内でも感染を懸念した人々がマスクを買いに走り不足する地域も出始めています。もっともそこで気になるのが、マスクを装着する事で本当に新型肺炎ウイルスの予防効果を得る事が出来るかどうかです。新型コロナウイルスですが、現状では2つの感染経路が考えられています。1つは感染者の咳やくしゃみ、唾等が飛翔する事でウイルスが飛沫感染するケースです。もう1つは感染者がくしゃみや咳の際に手でおさえてしまい、ウイルスが付着した手で物を触る事で接触感染するケースとなっています。マスクをつける事で、感染者の咳やくしゃみによる飛沫感染の可能性を、引き下げる効果は期待可能です。だからこそ電車や混み合った屋内を訪れる際には、マスクを着用する事で予防効果は期待出来ます。ただしマスクを着用してさえいれば、新型コロナウイルスの感染を防ぐ事が出来るかというとそう単純な話ではないです。前記した様に、この新型肺炎ウイルスは接触感染にも注意する必要があります。そのためマスクによって直接の飛沫感染を防いでも、外す際に注意する必要があるのです。というのもマスクに感染者の唾が付着していた場合には、外す際にマスクに触れる事で逆に接触感染の危険性を高めてしまう恐れがあります。なので1度装着したマスクに何度も手を触れるのは避け、外す際も耳から外してマスクの前面に触れない様に注意する必要があるのです。同時にマスクを装着して出掛けたから大丈夫だと、甘く考えない様に注意する事も大事だったりします。マスクをしていても帰宅後や調理の際には、必ず念入りな手洗いを心掛ける事が大事です。更にマスクを装着する際には口元だけでなく、きちんと鼻も覆う形で装着しないと予防効果が低下するのでその点にも注意する必要があります。

ウイルス対策としてのマスクの選び方

日を追うごとに新型肺炎ウィルス、新型コロナなど聞かない日はないというくらいに感染の勢いを拡大している中、日ごろからできる感染予防対策と言えば手洗いにうがいに、マスクの着用。巷はマスクの売り切れ続出、生産が間に合わない事態となっていますが、少し冷静にマスク選びについて考えてみましょう。マスクは、感染の拡大や呼吸器の加湿、花粉やウィルスなどの侵出に対して有効な簡単な手段です。ですが、感染したくないからと言って高価なマスクやN95マスクといった、高精度なマスクに手を出していないでしょうか?それは間違いなので注意しましょう。値段が高ければ感染のリスクが減るわけではありません。またN95マスクのような粉塵にも対抗できるマスク、日常使いには向きません。医療者でも数時間装着していると息苦しさを覚えうるN95マスク。素人が日常で正確な装着で使用するといてもたってもいられない位辛いことは間違いなし。では、どういうマスクがいいのか?基本、使い捨ての兼価なマスクで十分なのです。ただしそれぞれの顔のサイズに合わせたマスクを選ぶようにしましょう。やはり女性や小顔の方、高齢者など頬がこけている場合は小さめのマスクを。子どもなどジュニアサイズならそれ相当のマスクを準備して装着することが望ましいです。また成人男性などは標準的なサイズで十分ですが、マスクを装着した際空気の隙間があるなら女性用マスクも選択肢の1つとして準備するのもよいでしょう。またマスクの正しい装着ですが、鼻の当たる部分にはアルミなどが入っているので鼻の輪郭に合わせて、マスクの表裏を間違えないようにしましょう。マスクのひだをしっかり伸ばして顎にかけると密着度がアップします。眼鏡をかけている方ならマスクをするとレンズが曇ることがありますが、それは鼻のあたりが上手くいっていない証拠です。しっかり顔とマスクをフィットしていれば空気の漏れが少なく、眼鏡のレンズが曇ることは少ないです。また使い捨てマスクは1日1回、使いまわしは避けることが無難です。またマスクを外す際は、耳掛けのゴムの部分をさわりごみ箱へ処理をしましょう。

-お買い物

Copyright© 専業主夫がグレーゾーン育児&副業を頑張るブログ【ぴ~えす】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.