お買い物

歯並びに影響してしまう!指しゃぶりを防止する方法

更新日:

【スポンサーリンク】

ほとんどの赤ちゃんが指しゃぶりをします。
これは、口の近くにあるものに吸い付こうとする赤ちゃん独特の行動です。

お母さんのおっぱいや指も赤ちゃんの口元にもっていくと吸い付きますよね。
指を吸うことで気持ちが落ち着き、安心して眠ることができるのです。

そんな指しゃぶりをする赤ちゃんも2歳を過ぎるころには、他のおもちゃに興味が出て、指しゃぶりをしなくなります。

しかし、中には4歳になっても5歳になっても、幼稚園に入っても指しゃぶりがやめられない子供もいます。

大きくなるまで指しゃぶりをしていると歯並びにも影響しますのでやめさせなくてはいけません。

では、どうすればやめさせることができるのでしょうか。
なるべく子供の負担にならない方法をご紹介します。

指しゃぶりをした時に意識をそらして止めさせる

まず1つ目は、子供が手を口に持っていったらお母さんが止めることです。

そのとき「ダメ!」と注意してしまうとストレスになるので、一緒に手遊びをしたり、食事作りや洗濯物たたみなどのお手伝いをしてもらったり。

お母さんと一緒に楽しみながら手を使うことで、手を口に持っていく時間を減らしていきましょう。

すぐに効果は出ませんが、根気よく続けると指しゃぶりのことを忘れてしなくなります。

専用のマニキュアを塗る

2つ目は、爪に苦みのあるマニキュアを塗ることです。口に入っても安全な成分で作れている、おしゃぶり防止用のマニキュアが売られているのでチェックしてみてください。

マヴァラ バイターストップ/10ml

マヴァラ バイターストップ/10ml

¥ 1,259

Amazonで詳細をみる

おしゃぶりをする子供は、テレビを見ているときや寝ているときなど、無意識にやっていることが多いです。そんなときにこれを塗っておけば、指を口に入れる度に苦みを感じるのでやらなくなります。

また、自分でも「またやっちゃった…」とか「おしゃぶりやめなきゃ…」と、それまでは無意識にやっていたおしゃぶりを意識することができます。おしゃぶり=恥ずかしいことだと本人が気づけばおしゃぶりをやめられる日はもうすぐです。

まとめ

今回は歯並びに影響してしまう!指しゃぶりを防止する方法というテーマでした。

ときどき小学生になっても指を吸ったり、口に物を入れたりする子供を見かけます。

小さいころからの名残で落ち着くのだと思いますが、周囲からの視線も気になります。

遅くても小学校に入る前にはやめさせたいですね。

【スポンサーリンク】

-お買い物

Copyright© 子育てパパママ節約術-子育てにかかるお金の節約方法をまとめました , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.