専業主夫がグレーゾーン育児&副業を頑張るブログ【ぴ~えす】

うつ病持ちの専業主夫が、発達障害グレーゾーン児の育児と副業収入ゲットを頑張っています

お買い物

楽天市場のユーザーなら検討したい!楽天カードへの入会

更新日:

【スポンサーリンク】

社会人の皆さんは、すでにクレジットカードを1~2枚持っていることと思います。
これ以上増やしたくないのが本音ではないでしょうか?
しかし、もしあなたが楽天市場でよく買い物するのなら、ポイントを貯めやすい「楽天カード」への入会をお勧めしたいと思います。
入会時に獲得できるキャンペーンポイントも見逃せませんよ!

楽天カードに入会して楽天スーパーポイントをお得に貯めよう

楽天市場でよく買い物するあなたにお勧めしたいのが、年会費無料の「楽天カード」。
楽天市場で買い物をするとき、カード払いにする人がほとんどではないでしょうか?
「楽天カード」に入会して、決済方法を「楽天カード」払いにすれば、「楽天スーパーポイントが2倍」付与されます。
このポイントを地道に貯めていけば、貯まったときに楽天市場での買い物に利用することができます (1ポイント1円です)。
要するに、金券と同じ価値があるのです。
他にも、楽天カードに入会するメリットは数多くあります。以下で説明していきます。

楽天カードのメリット

・年会費永年無料

年会費永年無料なら、入会してみようと思う方も多いのでは?

・海外旅行傷害保険付き

海外旅行に行く機会が多い人には嬉しいサービスですね。
ただし、旅行代金を楽天カードで支払った場合のみ適用になる利用付帯です。

・楽天市場でのお買い物はいつでも楽天スーパーポイント2倍

楽天市場でよく買い物する人にはメリットが大きいですね。

・新規入会で楽天スーパーポイント2,000ポイントプレゼント

このポイントを使って、楽天市場で2,000円分の買い物ができます。

・2015年4月3日までの期間限定の新規入会キャンペーン

現在行われているポイントキャンペーンにエントリーすると、5,300ポイントがプレゼントされます。

  • エントリーして楽天カードに入会…300ポイント
  • 楽天カード会員ページの楽天e-NAVIで申請…2,000ポイント
  • 2015年4月30日までにカードを1回使用…3,000ポイント

合計5,300ポイントになります!
(参考:楽天カード 期間限定 新規入会キャンペーン実施中!

・JCB・MasterCard・VISAが使えればどこでも 100円=1ポイント貯まる

還元率1%は年会費無料のカードではトップレベルの還元率です。

・街の楽天ダイニング加盟店ならポイント2倍。街のポイント加盟店ならポイント3倍

誰もが日常的に使うだろうということでお勧めなのが、ガソリンスタンドのENEOSです。100円で2ポイント付きます。

自動リボのワナ!カード申込時に自動リボを選択しないよう注意!

メリットが多い楽天カードですが、最近よく聞くトラブルにこんなものがあります。
「楽天カードで買い物をするとき、店頭で一括払いを指定していたのに、なぜかリボ払いになってしまった。結果としてすごい額の利息を払うハメになってしまった!

まず、「リボ払い」と「自動リボ」について以下で説明していきます。

・リボ払いとは

支払残高 (今後クレジット会社に返済しなければならない金額) に応じて、月々あらかじめ決められた額をクレジット会社に支払う方法。
例えば月の支払い額を5,000円と設定したとします。
その月に200,000円の買い物をしたとしても、月の支払い額は5,000円でよいのです。
しかし、月の支払い額が低額なので、いつまで支払っても200,000円の返済が終わらないというハメに…!
利息もかさむので、この支払い方法はお勧めしません。

・自動リボとは

店頭で一括払いと指定した支払いが自動的にリボ払いになる仕組みです。

「楽天カード」申込時に、「自動リボ」を「申し込む」「申し込まない」の選択が必要です。
必ず「申し込まない」のほうを選択してください!

しかし、お得なキャンペーンにつられて「自動リボ」を「申し込む」のボタンを押してしまう人がいるかもしれません。
「自動リボ」を申し込んでしまうと、自分では一括払いで買い物したつもりでも、その買い物が「リボ払い」になり、ものすごい額の利息を払うことになってしまうんです!後で泣くことがないよう、十分注意してください。

まとめ

メリットいっぱいの「楽天カード」。
楽天スーパーポイントを効率的に貯められる点が魅力的ですね!
今回注意点として挙げた「楽天カード申込時に、自動リボを申し込まない」だけには十分注意の上、賢くお得に楽天カードをご活用ください!

詳細については、以下のボーナスポイントキャンペーンの公式サイトからどうぞ。

 

【スポンサーリンク】

-お買い物
-,